読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俳優阿部亮平ファンサイト

このサイトは阿部亮平という俳優のことを少しでも多くの人に知ってもらうために阿部亮平の1ファンが運営しています。当サイトは公式サイトではありません。なお、当サイトで応援するのはジャニーズJrではないほうです。

2009年のテレビドラマ

交渉人スペシャ
谷部という役で出演。谷部はSITの一員なので、阿部君はちょくちょく画面に映ったが、特に目立ったところはなく、台詞も返事の「はい」くらいしかなかった。

本人のブログに撮影時の写真が載っている。

交渉人スペシャル ~THE NEGOTIATOR~ [DVD]

 

世にも奇妙な物語’09春の特別編』“爆弾男のスイッチ”
大学生の田中という役(本当は違う、後述)で出演。阿部君はメイン・キャストなので、出番は多かった。出演シーンは次のとおり。

田中は江草俊哉(演:市原隼人)を脅して様々なことを要求する。江草はやむを得ず要求に応じるが、とうとう我慢できなくなり、織田省吾の体内に仕掛けられた爆弾を爆発させて田中を殺そうと、織田から預かっていた爆弾のスイッチを押す。ところが、何も起こらない。すると、織田と田中が江草に事情を話す。2人は独立行政法人青少年犯罪心理学研究所のエージェントで江草を被験者として心理実験をしていたのだという。織田の本名は新垣則介、田中の本名は池淵益雄だ。真相を知り、怒り狂った江草はスコップで2人に襲いかかり重傷を負わせる。この事件について、テレビに出演していた解説者は江草が「爆弾をかかえていたのでしょう」とコメントする。

本人のブログに撮影時の写真が載っている。そして、『情熱大陸市原隼人』のDVDにもこの時の様子が映っている。本編のChapter2で『世にも奇妙な物語』撮影中の様子が映っている。阿部君は追いかけてくる市原氏を突き飛ばす。そして、セル版には付いている特典ディスクには2人が談笑する様子が映っているそうだ。

世にも奇妙な物語 2009春の特別編 [DVD]

 

つばさ

Mr.Brain』第1話
ヤクザ役で出演。出演シーンは次のとおり。

まず、夜阿部君が演じる金髪の強面の男が産業開発省庁舎前を通り過ぎる。これを遠くから警視庁組織犯罪対策4課の武井公平警部(市川海老蔵)が見ている。次に、事件の解決後、昼すれ違いざまに武井に封筒を渡す。

番組ウェブサイトの事件の真相コーナーによると、阿部君が演じたヤクザが武井に渡したのは現金だそうだ。

本人のブログに撮影時の写真が載っている。 その1 その2

MR.BRAIN DVD-BOX

オトメン』 公式サイト
金原学園高校の不良の生徒役(役名はタツヤ)で出演した。

第1話では、まず、剣道大会で観客席の隣りに座っている多武峰一に金原のチームについて「お前がいなくても強いじゃないか」と言う。そして、試合の後、銀百合学園1年の有明大和が金原の不良に絡まれているのを止めに入っていた1人の少女・都塚りょうを銀百合学園剣道部主将・正宗飛鳥が助けたところに、多武峰とともに現れる。この時仲間の不良から「タツヤさん」と呼ばれている。後日、バッティングセンターで多武峰が飛鳥に敵意をむき出しにするのを見て、「やっちまうか、あいつ」と言う。そして、銀百合学園に乗り込む。剣道場で飛鳥と多武峰が竹刀で戦っているところに乱入して飛鳥を襲うが、りょうの拳法に撃退される。

なお、阿部君は黒のタンクトップ姿である。本人のブログに写真が載っている。

第2話では、バッティング・センターで、多武峰にタバコを勧めるが、多武峰はタバコはもうやめたと言う。そして、多武峰はこの前飛鳥に言われたことを思い出してその場を立ち去る。タツヤは「ライバルが火つけたというわけか。がんばれよ、多武峰」と去っていく多武峰に声をかける。

オトメン(乙男)DVD-BOX

 

救命病棟24時 第4シリーズ』最終話
死亡した患者の息子の廣田健太という役で出演。健太の登場シーンは次のとおり。

まず、廣田家を訪ねてきた小島楓(演:松嶋菜々子)と話し、父親の死の責任を追及すると言う。間に葬式に来た工藤を「人殺し」と非難する回想シーンが挿入される。しかし、小島の残した資料を読んで気が変わり、駅で小島に自分が間違っていた旨を伝える。

なお、阿部君は金髪である。

救命病棟24時 第4シリーズ DVD-BOX