読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俳優阿部亮平ファンサイト

このサイトは阿部亮平という俳優のことを少しでも多くの人に知ってもらうために阿部亮平の1ファンが運営しています。当サイトは公式サイトではありません。なお、当サイトで応援するのはジャニーズJrではないほうです。

2013年のテレビドラマ

ヒロシマ 復興を夢みた男たち
久山組組員の岩本役で出演。登場は番組開始49分目から。まず、岩本はほかの組員2人と一緒にドスを持って浜井市長宅に怒鳴り込むが、やがて市長の広島市復興計画を黙って聞くことになる。次に、岩本はプラカードを持って市民に広島平和記念都市建設法に関する住民投票への投票を呼びかける。

最悪の卒業式
ヒデくん役で出演。ヒデくんはお礼参りの助っ人として呼ばれた札付きのワルで、出演は番組開始30分目の次の1シーンのみ。突然教室に現れ、覆面レスラーがかぶるようなマスクをかぶってヒデくんのふりをしていた村越を締め上げた後、退場して校庭に向かう。

めしばな刑事 タチバナ』第5話
板前の岩瀬修二役で出演。修二は番組冒頭から登場する。傷害事件を起こすのだが、兄の良一が代わりに警察に出頭する。しかし、最後にはこれを察知して自ら警察に出頭する。

めしばな刑事タチバナ DVD-BOX  DVDレンタル

確証~警視庁捜査3課』第5話と第6話
庄司雅志役で出演。

第5話では、庄司は黒毛のゴリラのマスクをかぶって現金輸送車を襲い現金を強奪、逃走して人質をとって民家に立てこもる。この人質は当初倉田氏と思われていたが、実は倉田邸に空き巣に入った安原で、邸内でマスクを脱いだ庄司と安原のやり取りがある。

安原の助言に従い、庄司はスマートフォンでブラックジョーカーズの仲間に連絡するが、スマフォの待受画面にはいかにも不良といった感じですごい形相の庄司が写っている。

庄司は仲間の協力に喜び、また安原の助言に従って、警察からおにぎりの差し入れを受けることにする。玄関で武田秋穂からおにぎりを受け取る際はまたマスクをかぶっている。

第6話では、庄司は武田秋穂からおにぎりを受け取ると、まず安原に食べさせて睡眠薬が入っていないことを確認してからおにぎりを食べる。そして、たばこの煙にむせた晴菜の存在に気づいて、晴菜も人質にする。それから、SAT突入までの時間を稼いでいた萩尾と電話で会話をするが、突入してきたSATに身柄を押さえられ屋外に連れ出される。

番組ウェブサイトのフォトギャラリーと現場レポートに阿部君の写真が載っている。

フォトギャラリー
http://www.tbs.co.jp/sousa3/gallery/gal06_08.html
現場レポート
http://www.tbs.co.jp/sousa3/report/report13.html http://www.tbs.co.jp/sousa3/report/report14.html

なお、本人のブログに撮影時の写真が載っている。

確証 警視庁捜査3課 DVD BOX  DVDレンタル

潜入探偵トカゲ』第8話
サッカー日本代表選手の城山聡役で出演。城山はモデルの亜樹奈と一緒に自分の車でホテルアクシアに到着すると、トカゲこと織部透と関口支配人にVIPフロアの部屋に案内される。その後外出するが、亜樹奈とデートしている様子を写真付きでスポーツ新聞に「熱愛発覚」と報道されてしまう。これで、城山はホテルから外に出るのが困難になったが、関口の案内で秘密のルートを使って地下まで降りて脱出に成功する。この時トカゲも一緒だった。

なお、番組ウェブサイトのギャラリーに阿部君の写真が載っている。

潜入探偵トカゲ DVD-BOX  DVDレンタル

八重の桜


独身貴族』第4話
脚本家の小野寺秀作(演:斉木しげる)の秘書役で出演。出演シーンは次の通り。

ホテルで小野寺が宿泊していた部屋に入った春野ゆき(演:北川景子)が小野寺の様子がおかしいことに気づき部屋を出ようとすると、このタキシードを着た秘書が出入り口のドアの前に立ちふさがり彼女を押し戻す。その後、星野守(演:草彅剛)がやって来て強引に部屋に入ってきたので、秘書は守を殴り倒した。守は立ち上がって部屋の奥に行こうとするので、秘書はまた守を殴ろうとするが、後ろからゆきにガラス製の工芸品(花瓶?)で殴られ床に倒れる。守とゆきは部屋を出る。その後、シャワーを浴びてバスローブ姿で現れた小野寺が床に倒れている秘書に気づく。

独身貴族 DVD BOX  DVDレンタル

熱血硬派くにおくん』第8話
暴走族の武赦紋漸のリーダー前沢役で出演。阿部君はこの作品で前沢の微妙な感情の動きをうまく演じているのだが、初見ではわかりにくいかもしれないので、筆者なりの解説を試みる。

前沢は武赦紋漸の名を挙げたいと考えていて、たまたまメンバーの数名をやっつけたという鉄板鞄を持つ男を狙う。ところが、その男りき(演:滝口幸広)はその鞄を後輩に譲り渡しており、それから鞄の持ち主は次々と変わり、中学生ののりお(演:石田飛雄馬)のものになる。そして、のりおが武赦紋漸に襲われることになり、りきがのりおを助けようとするが、りきは喫茶店の女店主ゆりな(演:高久ちぐさ)と出会ってけんかはしないと決意したので戦うことができない。そこへ、ゆりなが登場し、ほどなく前沢も登場。前沢の口から、ゆりなは元武赦紋漸のメンバーであったことが明かされる。

喫茶店でゆりなから過去のいきさつを聞いたりきはゆりなと店を守るため単独で武赦紋漸の本拠地に向かう。そこでりきは拳を使わずに事態を収拾しようとするがピンチに陥り、そこへのりおが登場して、ようやくりきはゆりなのことを口にして拳を使って戦うことになる。と、ここまで前沢はかなり危なくて悪い男という感じの言動なのだが、どこか醒めたような印象もある。ただ、りきが「ゆりなさん、拳を出す理由、今がその時です」と言った時、前沢は何かを思い出したように表情が変わる。

りきとのりおが武赦紋漸のメンバーを一掃した後、りきと前沢が対峙していると、しんじ(演:黒石高大)とゆりなが現れる。このシーンでゆりなが自分の夫(武赦紋漸の先代のリーダー)について語ったところで、前沢がそれまでとは違い感情を露わにした後、りきに言葉をかけ、穏やかな表情になるとゆりなを一瞥した後、微笑とも苦笑ともいえる表情で先代のリーダーの「痛みは痛みしかうまねえ、拳出すには理由が必要だ」という言葉を口にして去っていく。

この一連の前沢の言動を筆者なりに解釈すると、前沢は先代のリーダーの死後チームを率いるようになったが、先代の時とはチームのあり方が違っており、このことに前沢本人も疑問を抱いていたのであろう。だから、乱暴な言動の中にどこか醒めたところがあり、前沢は矢野(演:六川裕史)の玉をつぶすなどチームのメンバーに暴力をふるったが、それ以外の人間にはふるっていない。

このような心理状態である時に、ゆりなから先代のリーダーの真意を聞かされ、自分が誤解していたことを知り、先述のような言動になったと思われる。前沢は口では先代のリーダーに裏切られたといった感じのことを言ったが、実のところ先代のリーダーのことがかなり好きだったのだろう。

エンディングにも阿部君はワンカット映っていて、このカットでは笑っている。

なお、阿部君のブログ滝口幸広のブログに撮影時の写真が載っている。

熱血硬派くにおくん DVD-BOX  DVDレンタル 動画配信

クロコーチ』 
杉隆太郎役で出演。

第5話の出演シーンは次の通り。すべて、車中のシーンだ。まず、黒河内と警視庁公安部所属の高橋秀男の会話を監視。次に、誰かに携帯電話で黒河内の監視を継続中だと報告して、モニターを通して黒河内の部屋をのぞく。最後に、黒河内と携帯電話で会話した直後に現れた高橋と車内で会話する。会話の内容から判断すると、杉は高橋と顔見知りで3億円事件の犯人と黒河内襲撃計画を知っているので、桜吹雪会との関係も推測される。

第6話の出演シーンは次の通り。すべて、車中のシーンだ。まず、高橋秀男との会話。黒河内銃撃事件に関するこの会話の内容から杉も桜吹雪会に所属していることは確定だ。次に、モニターを通して波止場にいる黒河内、清家、高橋の様子を監視する。

第7話の出演シーンは次の通り。まず、清家に警告の電話をかける。このシーンでは声だけの出演。この直前に清家のいる部屋が銃撃されるのだが、車中での杉と高橋との会話のシーンで杉がライフル銃を持っていたことから銃撃したのは杉だとわかる。なお、次回のあらすじで杉のフルネームは杉隆太郎で、杉は元警察官でSATだったことがわかる。そして、 予告動画に映っているように杉は殺害される。

第8話の出演シーンは次の通り。まず、車中で高橋に遠藤は自殺ではなく殺されたのではないかと言い、上に確認に行くと言う。このことは清家に電話でも伝えている。そして、杉は首都綜合警備保障のビルに行き、加賀社長との面会を求めるが断られたので、受付の女性を人質にして社長室のそばまで行き、一応加賀と話すことはできたが、警備員に取り押さえられどこかに連れて行かれる。その後、街で無惨な遺体で発見される。警察の捜査会議では杉は元兵庫県警の巡査部長でSATの狙撃手だったと報告される。なお、番組ウェブサイトのギャラリーに写真が載っている。

阿部亮平のブログ尾関伸嗣のブログに撮影時の写真が載っている。

クロコーチ DVD-BOX  DVDレンタル第5話・第6話 DVDレンタル第7話・第8話

刑事吉永誠一 涙の事件簿』第6話
半グレ集団ヨコハマキルズのサブリーダー堺拓次役で出演。出演シーンは次の通り。

まず、リーダーの深山哲也とのけんか。実は後日港でこの2人はタイマンをして、堺が深山を殺害している。次に、堺は遺体で発見される。堺の死の真相は回想シーンで明かされる。堺は深山を殺した後、浜田暁のうちに行き、逃走資金を得るために振り込め詐欺をやるように脅すが、浜田はこれを拒否、浜田は堺を突き落して死なせてしまう。困った浜田は兄貴分の北沢誠二に相談、浜田と北沢はトラックで堺の遺体を運び、堺の死んだ場所が実際とは別の場所であるかのように工作した。

なお、ヨコハマキルズはもともと暴走族であり、その時の堺の写真が劇中で登場した。


オリンピックの身代金』第二夜
キンの仲間役で出演。東京オリンピック開会式の日、落合刑事は島崎から要求された身代金の入ったバッグを神宮プール前に置いて、周囲を警戒する。ところが、みんなが日本選手団の行進に気をとられているうちに、キンの仲間がバッグをすりかえて、身代金の入ったバッグを奪う。これに気付いた落合刑事がこの男を追うが取り逃がす。この男は車中にいる村田にバッグを渡すと、村田から紙幣を数枚受け取ってその場を離れた。