読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俳優阿部亮平ファンサイト

このサイトは阿部亮平という俳優のことを少しでも多くの人に知ってもらうために阿部亮平の1ファンが運営しています。当サイトは公式サイトではありません。なお、当サイトで応援するのはジャニーズJrではないほうです。

ろくでなしBLUES

公式サイト

番長の輪島倍達役で出演。

第1話では、出演は冒頭付近のみ。

第2話では、出演は後半のみ。回想シーンでボクシング部の浜田(演:鈴之助)とけんかする。そして、ラストシーンで前田太尊が浜田を殴っているのを遠くから見ている。

第3話は出番が多い。輪島は勝嗣と米示に前田の居場所をきくが、2人は答えない。そこで、輪島は2人をぶちのめす。そして、浜田と組んで、前田を呼び出す。

第4話も出番が多い。輪島と前田の戦いに決着がつき、すがすがしいラスト・シーンがまっている。これで、第1章の完結である。

第5話では最初のほうの回想シーン以外ではまず前田太尊がダブっている奴として輪島のことを思い出すというところで1人教室で勉強しているが思わず机を投げてしまうというシーン。そして、終りのほうで浜田と一緒に教室に現れて、太尊にヨネショーの島袋からタイマンの申し込みがあったことを伝える。この後、廊下で井岡先生が倒れているのを見る。

第6話は第5話から続くシーンで、廊下で前田太尊の兄の富士雄が井岡先生とけんかしているのを見る。

第7話は輪島がメインなので、出番が多い。笑いあり、涙ありといった感じで、輪島の恋愛とカッコよさが描かれている。

第8話では輪島が1人教室で英単語を覚えていると、浜田がやってきて前田の行方をきいたのでこれに答え、浜田が去った後、winterの意味は冬だと思いだし、さらに前回登場した真冬という女子高生のことを思い出す。

第9話では回想シーン以外では前田が不良女子高生たちに監禁されていた場所に仲間たちと一緒に行く。

第10話では、楽翠高校の不良の鬼塚にやられて負傷。

第11話では、まず前半でボクシング部の部室で浜田と会話。後半で教室で仲間たちと会話していると前田が登場して意外なことを言う。

第12話(最終話)では、回想シーン以外では後半に仲間たちと一緒に前田の代わりに教室の窓ふきをしているが、やがてみんな窓ふきをやめて遊んでいるところに井岡先生が現れて前田たちが怠けているのに怒るが、そこへ浅野洋子先生が現れて結婚の報告、落胆した井岡は教室から出て行った洋子の後を追う。その後、みんなの前に千秋が現れ、前田が千秋に事実上の告白をし、輪島たちは半分からかいながら前田を祝福する。

ろくでなしBLUES DVD-BOX豪華版【完全初回限定版】  ろくでなしBLUES DVD-BOX通常版