俳優阿部亮平ファンサイト

このサイトは阿部亮平という俳優のことを少しでも多くの人に知ってもらうために阿部亮平の1ファンが運営しています。当サイトは公式サイトではありません。なお、当サイトで応援するのはジャニーズJrではないほうです。

WATER BOYS 2 (ウォーターボーイズ2)

公式サイト

阿部亮平と山根和馬が魚屋の兄弟役で出演。阿部君は長男の鯛造、山根君は次男の平政という役名。

第1話では鯛造が泳吉のことを怪訝そうな表情で見ている。

第4話で魚屋三兄弟がそろって登場。スーパーにスッポンを配達する途中のシーン。残念なことにシンクロ部の発表会は失敗し、三兄弟もシンクロ部には加わらなかった。

第8話冒頭で鉢巻をした鯛造が泳吉たちにプールは閉鎖中じゃなかったのかと声をかける。

第10話では阿部君と山根君の出番が多く、特に阿部君の演じる鯛造は重要な役割を果たす。昼休み鯛造は洋介の苦境を泳吉に伝え、弟を巻き込むなと言う。夜には泳吉たちが洋介を手伝おうとしているのを見て、無責任に手伝うなと言う。朝校門付近で泳吉たちが洋介の店のパンを売っているのを感慨深気に見る。そして、全校集会で「ちょっと待ってくれ。俺は賛成するよ」と泳吉たちの訴えに賛同、平政もこれに続く。

第11話では魚屋三兄弟の長男と次男がシンクロ部に加わる。阿部・山根両名の競泳パンツ姿をはっきりと見ることができる。2人ともよく似合っていると思う。

最終回には感動する。特に、シンクロ公演のところはもはやフィクションたるドラマを超えて、ドキュメンタリーの趣さえ感じられるほどのものである。阿部君と山根君の2人に注目しても、十分満足できる内容の公演だ。そして、エンディングで31人の男子が、電車に乗って去って行く主人公を、走って追いかけるシーンもよいと思う。

メイキングを見ると、改めて若い俳優たちがどれほど大変な努力をやってあの作品を作り上げたのかがよくわかる。筆者としては阿部君のインタビューに満足した。阿部君が「組長」としてボーイズたちのリーダーを勤めたことがよくわかる。
なお、セルDVDに収録されている「WB2完全密着」はテレビで放送されたものより時間が短くなっている。

セルDVD特典映像について
Disk5にはクランクアップの際の映像があり、阿部君と山根君もコメントを述べている。

Special Diskには「魚になるまで泳げ!」というサイドストーリーが収録されている。

出演者は魚屋三兄弟の長男鯛造役の阿部亮平、次男平政役の山根和馬、三男勘八役の篠原孝文の3人。あらすじは次の通り。

泳吉が去った後、姫乃高校のプールサイドに3人が立っている。このとき3人はシンクロ部のジャージ姿。鯛造が「なんか熱くなれることないかなあ」と言うと、勘八が髪を伸ばしてみたらどうかと言う。鯛造と平政は「まだそんなこと言ってるのか。魚屋は衛生が一番」だから坊主がいいに決まっていると怒る。すると、勘八は「女子とかにもてたいし」と言う。

そこで、3人はかつらをかぶる。鯛造はアフロ、平政はシルバー、勘八はリーゼントだ。このとき3人は上半身裸になっている。しかし、3人は自分たちにはやっぱり坊主が一番似合っていると思い直し、かつらを外して、プールに飛び込む。3人ともシンクロ公演のときの競パンをはいている。そして、鯛造と勘八はクロール、平政はバタフライで泳ぐ。

ウォーターボーイズ2・メイキングブック MAKING OF WATER BOYS 2 


番組サイトで公開されていた「ボーイズたちの決意表明」での発言全文がほくほく手帳というサイトに載っている。表だけでなく、裏と裏の裏までわかる。これを読むと阿部君の熱い性格がよくわかる。

ウォーターボーイズ2 DVD-BOX